レポート詳細

【レポート】2019.08.31 アニソンLIVE&コスプレイベントin延岡

8月もあっという間に過ぎましたが、みなさんはこの夏をどのように過ごされましたか?

エンクロスでは、8月最後の土曜日はみんなで大いに盛り上がろう!
ということで、子どもから大人まで楽しめるイベント
『アニソンLIVE&コスプレイベントin延岡』を開催しました。

『アニソンLIVE&コスプレイベントin延岡』にようこそ!

 

エンクロスの8月のテーマは、『のべおかPOPカルチャー』。

『アニソン』や『コスプレ』といったポップカルチャーは、
近年、日本を代表する文化のひとつとして世界に認知されてきました。
県内でも関連イベントが開催され、大盛況となっています。

エンクロスでも、この分野において活動している方々を応援し
みんなで楽しみたい。
延岡から発信することで、県北の方々に少しでも親しみを感じてもらいたい
という想いから、この企画を開催することとなりました。

本イベントの様子は昨年大ヒットした映画で
再注目された伝説のロックバンドのボーカリスト
(のコスプレを披露したスタッフ)とともに、詳細にリポートいたします。

 

愛とリスペクトが詰まったコスプレに大興奮

(写真提供:夏田様)

 

(写真提供:Nora様)

時刻は13時。

イベントの開始時間になると、会場にはコスプレイヤーの方々が
続々と入ってこられました。

みなさん、クオリティが高い!
すぐに
「あ、あのキャラは○○じゃないかな?」「○○がいるよ!」と
あちこちで声が上がります。

パッと見ただけで、誰がどのキャラのコスプレをしているのか、一目瞭然です。それもこれも、原作をリスペクトし、そのキャラクターを愛し
どう表現すればいいのか研究に研究を重ねた賜物だといっても
過言ではないでしょう。

まるでホンモノがそこにいるかのような雰囲気。イベントを楽しみに来られた
みなさんは憧れの人を目の前にしたかのように、ドキドキそわそわとして
なかなか近づけない様子です。

それでも勇気を出して、なんとかコスプレイヤーさんに近寄ると
写真をお願いしていました。

 

(写真提供:syou-青-@syou9191様)

スタッフも、緊張しながらアタック!

「写真、お願いしてもいいですか?」
その声かけに、どのコスプレイヤーさんも「いいですよ」と
快諾してくださいました。

見れば見るほど素敵なコスプレに、大感激してシャッターを切ります。尊い…。

みなさんは、こういったコスプレイヤーさんとのコミュニケーションが
写真撮影をお願いする側に必要不可欠なマナーだと知っていましたか?

コスプレイヤーさんは、自らが表現するキャラや、その作品を
とても大切にしています。
撮られる写真一枚はもちろんのこと、写真を撮られていない場面であっても
雰囲気作りなどの佇まいにはとても気を遣っているのだそうです。

そのため、写真をお願いする側としては
不意のタイミングでの撮影や無断ではなく、きちんとお声掛けをしてから
撮影したいもの。

恥ずかしがらずに、きちんと声掛けをすることができれば
コスプレイヤーさんも快く撮影に応じてくれるはずですので、安心してください。
その際、写真に写り込む周囲の方への配慮も、もちろん忘れずに。

なお、SNSなどへのアップロードも、無断で行わないようにしてください。
これはネットのマナーとしても、当たり前のことですね。

 

急遽コスプレイヤーさんたちがステージに上がり、大撮影会となる一幕も。
この機会を逃すまいと、たくさんの人たちがスマホやカメラを片手に
ステージ前に集まり、一層賑やかになりました。

フェイス&ボディペイントをしてお祭り気分に乗っかろう!

 

伝説のボーカリスト(のコスプレをしたスタッフ)は
ステージ横で開催されていたアーナー恵子さんの
ペイントイベントにも参加しました。

勉強をするためにエンクロスに来ていた中・高校生のみなさんや
駅の改札から出てきたばかりのマダムたちから笑いを取り、
「似てる!」と好評をいただいたこのコスプレ。
イイ感じに仕上がったと思っていましたが、実はあるモノが足りていません。

しかし、コスプレイヤーさんたちの本気と向き合うには、このままにはしておけない…!

「アーナーさん、胸毛を描いてください」

これには、フェイス&ボディペイントで活躍しているアーナー恵子さんも大笑い。

「わたし、ヒゲは描いたことあったんだけど、胸は初めてだから」と
言いながらも、さすがのクオリティで立派なペイントを施してくださいました。

これでホンモノの伝説のボーカリストにより近づけたと、スタッフも大満足です。

 

トンデモないリクエストに応えてくれたアーナー恵子さんのペイントは
イベントに来てくれた子どもたちや
イベントの雰囲気を楽しみたい大人の方々に大好評でした。

顔はもちろん、腕や手の甲など、ボディへのペイントもOK。
デザインや参加費も相談しながら決められるので
ちょっと試してみたい人にもぴったり。

可愛い動物のペイントや、キラキラでかっこいいペイント
カラフルでポップなペイントなど、その腕前をいかんなく発揮し
楽しいひとときを提供してくださいました。

おかげで、ペイントでテンションを上げながら、コスプレフォトスポットや
アニソンライブに向かう人が続出したようです。

みんなで一丸となって盛り上がったアニソンライブ

 

14時からは、アニソンライブも同時開催。

『メリッサ』からはじまり『千本桜』で締めくくる迫力のライブは
県北で活躍するアニソ
ンライブサークル『アニソンライ部-N』の
メンバーの皆さんによって、セットリスト全17曲が熱唱され、大いに盛り上がりました。

『アニソンライ部-N』は、「県北にアニソン文化を根付かせたい」という
想いから結成されたサークルで、地元延岡を中心に活動中です。
近年は活躍の場を広げており、今回、エンクロスでライブをしてくださることになりました。

観客や通りすがりの皆さんの年齢層は、若い方を中心としながら
子どもから中高年代まで幅広く、家族や友達連れで来られていた方も
多かったのが印象的でした。

 

ライブ会場のボルテージも徐々に高まっていき、手拍子を求める煽りにも
しっかりと応える観客の皆さん。
ステージ付近にはたくさんの観客がいらっしゃいましたが
特にステージ前の熱気は半端ないことになっています。

よくよく見ると、コスプレイヤーの方々まで観客に交じって楽しんでいるのにはびっくり。
ライブ出演者も観客の間近でライブを盛り上げるように
パフォーマンスしていますし、もはや出演者だとかコスプレ参加者だとか
観客だとかいう垣根なく、一丸となって満喫している様子です。

誰もが知るナンバーではそれぞれが口ずさみ、ツウ好みのナンバーでは
「この曲知ってる!」「この年代だったなぁ」
といった声が上がるなど、いろいろな楽しみ方をされているようでした。

ちなみに、エンクロス開催ということで
駅にちなんだ“列車メドレー”など、ニクい演出もあったそうですよ。気づかれた方がいたらすごい!

 

最後の曲では、MCの呼びかけもあって、出演者も観客も一緒になって大合唱。

お祭り気分を締めくくるにふさわしい大団円で、笑顔が溢れる素敵なステージとなりました。

 

イベント終了後は、みんなで一緒に記念撮影。

今年の夏の思い出として
また、エンクロス発のPOPカルチャーイベントとして、みなさんの記憶に
残る一日となったなら幸いです。

今後も、エンクロスでは
様々なジャンルやテーマでイベントを開催いたします。

興味のあるイベントがございましたら、ぜひお気軽にご参加ください。

担当:橋本