レポート詳細

【レポート】2019.08.22 愛犬の肉球ケアとしつけのアドバイス

8月も下旬となりましたが、まだまだ厳しい残暑が続いています。

人もそうですが、ペットである愛犬にとっても、なかなかつらい季節。普段よりもしっかりとからだのチェックを行って、リラックスできるように気を付けてあげることが大切です。

でも、いったいどんなことをしてあげたら、ワンちゃんは喜んでくれるのでしょうか?

愛犬と飼い主のより良い関係づくりを目指して

 

 

今回、そんな悩める飼い主さんとワンちゃんにぴったりのイベントである『愛犬の肉球ケアとしつけのアドバイス』が、エンクロスで開催されました。

 

主催してくださったのは、JKC公認訓練士などの資格を持ち、延岡市でドッグラン『DogRun CHEKA』を経営されている石本 恵美さん。

幼少時より動物と触れ合うことが好きだった石本さんは、犬と飼い主がきちんとした信頼関係を築き、それまで以上に良い関係となってほしいという願いから、しつけ教室や相談を精力的に行い、たくさんの『家族』に寄り添ってこられました。

2015年には、県北では珍しいといえるカフェ併設のドッグランをオープン。ワンちゃんとのんびり過ごせたり、ワンちゃん同士が仲良く遊べたり、飼い主同士で交流したりすることのできる空間として、愛犬家の皆さんの憩いの場となっているようです。

 

エンクロスでも、飼い主の皆さんとの雑談を通して、悩みや疑問を少しでも解決できるようにしたいとおっしゃってくださった石本さん。また、ワンちゃんとのスキンシップを増やしながらからだのケアもできる『肉球ケアクリーム』づくりも、あわせて実施することとなりました。

天然素材を使った肉球ケアのクリームづくり

 

 

『肉球ケアクリーム』については、初めて聞く方も多いのではないでしょうか?

ワンちゃんの肉球は、実は意外と痛めやすいところです。生まれたときはぷにぷにの触感でも、普段の散歩はもちろん、室内での遊びなどで刺激を受けて、少しずつ硬く乾燥していきます。

さらにこの時期は、夏の日差しで熱くなったアスファルトの上を歩くことにより、いつもよりもダメージを受けやすくなっています。気になったワンちゃんがついつい肉球を舐めすぎてしまって、炎症を起こすことも良くある話です。

ですが、人がハンドクリームで手をお手入れするように、ワンちゃんの肉球もクリームでお手入れすることができます。クリームは蜜蝋などの天然素材を使って作るので、ワンちゃんが舐めても悪い影響はありません。

 

作る工程もとっても簡単です。

まずは、蜜蝋を少量図ってからビーカーに入れて、湯煎にかけます。

 

 

熱で溶けていく蜜蝋を、混ぜ棒でしっかりとかき混ぜていきます。

仲良く参加する三人兄妹は、お兄ちゃんが混ぜる係。きちんと混ざっているかチェックするのは、しっかり者の妹監督たちです。

 

 

しっかり混ざったら、熱いうちに保存用の容器に移します。ここで、参加者の任意でアロマオイルを数滴垂らし、香り付きのクリームを作ってもOK。アロマなどの香りが好きなワンちゃんがいるご家庭には、おすすめかも?

 

クリームが冷えて固まったら、完成です。あっという間に出来上がるので、子どもでも退屈せずに作ることができました。初心者はもちろん、どんな方にでも作れてしまう優れモノです。

また、出来たクリームを使って、どんな風にマッサージすればよいかについても、石本さんが教えてくれました。

クリームは約一カ月ほど保存できるそうですので、その間、ワンちゃんとのスキンシップを増やすいい機会にもなりそうですね。

 

みんなで悩みを共有しよう! 愛犬のこんなこと、あんなこと

 

 

クリームが固まるのを待つ間、参加者の皆さんにはワンちゃんのしつけに関する悩みなどを確認していきました。

『豆吉ちゃん(まめちゃん)』を飼っている三人兄妹は、まめちゃんの大好きなところをたくさん話してくれながらも、今まさに困っていることや、聞いてみたいことなどを相談し合いながら、紙に書き出してくれました。

 

 

全員が書き終わったら、ひとりずつ発表です。

「家に来る人にものすごく吠える」「掃除機にも吠える」「トイレの頻度が多すぎる」

「散歩中に座り込んでしまい、てこでも動かなくなって、飼い主が泣いた」

「他のワンちゃんと会った時に匂いを嗅ぎまわりすぎて相手が困惑している」

「ついついご飯やおやつをあげすぎてしまって家族から怒られる」

「せっかく用意した犬小屋に入らずにその横で寝ている」

などなど、ありがちな悩みから、思わず「そんなことが」と言ってしまうような

ユニーク(?)な悩みまで、1時間にわたってさまざまな相談が飛び出しました。

 

些細なお悩みにも、ひとつひとつ丁寧にアドバイス

 

 

石本さんは、ときに笑顔で、ときに真剣に相談を聞きながら、犬の種類や、オスかメスか、年齢、環境など、いろいろなことを確認していきます。

そして、優しくアドバイス。

同じような相談事でも、飼い主やワンちゃんが違えば、解決方法も異なるもの。

四角四面な答えではなく、あくまでその飼い主とワンちゃんにとってどんなふうにすることが一番よいのかを考えながら真摯に応えていく様子に、参加者の皆さんも安心して耳を傾けているようでした。

そして、自分だけだと思っていた悩みごとも、他のみんなが「うんうん」「そうだよね」と共感してくれることで、「自分だけじゃなかったんだ!」となんだか心強く感じられたようです。

 

イベントではとても有意義なお話ができたと、参加者の皆さんは喜んでくださいました。

同じように悩んでいる方がいらっしゃいましたら、ぜひ一緒にお話ししませんか。

また、今回作成したクリームは犬用ですが、「猫用もほしい」という声をいただきました。

つきましては、次回は犬猫両用となるクリームづくりを行います。

 

次回は、10月31日(木)14時から開催いたします。

興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

※参加予約は前月25日朝10時より受付開始いたします。

担当:橋本