レポート詳細

【レポート】2018.10.14 おとな可愛いバッグチャームを作ろう

1階入口席にて第1回目となる「おとな可愛いバッグチャームを作ろう」が開催されました。バックチャームといえど、種類は豊富。今回はラメルヘンテープを用いて作品作りに取り組みます!

 

 

講師のご紹介

講師はジュエリーバック協会の講師の資格を持つ、佐藤夏希さんです。現在は地元延岡で、『atelier NICOLY(アトリエニコリー)』という名前でジュエリーバッグの教室をされています。

ジュエリーバッグの認知がまだまだ低く、知っている方があまりいないことから、延岡の人たちにもっとジュエリーバッグの魅力、ハンドメイドの楽しさを伝えたいと、エンクロスでもイベントを開催して下さいました。

 

 

ジュエリーバッグとは

ジュエリーバッグで絶対に欠かせないアイテムといえば、ラメルヘンテープ。

正式名称は『ラ・メルヘン・テープ』と言って、まるでジュエリーの様にキラキラとした輝きを持っているのが特徴です。シャイニーカラー、エナメルカラー、マットカラーの3タイプがあり、それらを組み合わせて作っていきます。

作り方は、テープを編みこみ、土台に網を通して作成しますが、色の組み合わせやアイデアでバリエーションは無限大に広がります。

作れるアイテムも様々でバッグはもちろん、今回挑戦するバッグチャーム、化粧ポーチ、コースター、キーケースなどの小物も作ることが、出来ます。

また、素材は塩化ビニール製のテープを使用しているので、水に強く軽くて丈夫な所も魅力的です。

 

 

ラメルヘンテープの魅力

今回作成するリボン型のチャームは、自分の好きな色の紐を2色選び、4つ編みをして作成していきます。

「4つ編みするだけ?簡単そう!」と思われるかもしれませんが、この作業、実はなかなか難しく、初めは練習用の紐で編み方を練習します。

まずは佐藤さんが参加者全員の方に手元が見える様、編み方を教えてくれるので、真似しながら編んでいきます。

皆さん、佐藤さんの手元を穴が開くほど見つめ説明に夢中です!!

 

分からないところを佐藤さんに聞いたり、他の参加者の方と教え合いながら一緒に作業したり、和気あいあいとした雰囲気でとても楽しそうでした。4つ編みをマスターした参加者の皆さん、いよいよ本番です!

テーブルの上にずらりと並んだラメルヘンテープは実際見ると圧巻の可愛さ。

今回は佐藤さんが20種類ほど用意してくれているので、その中から2色、好きなお色のテープを選びます。

どの色もとても可愛く、目移りしてしまい、なかなか2色に絞れません。

皆さん、悩みに悩んで各自とっておきの色を選んでいました。先ほど練習用の紐で4つ編みの練習をしたので、全員編むのはお手の物!

編み終わったらいよいよ編み込んだ紐をリボン縛りにしてチャームをつけたら完成です!

 

 

 

 

 

 

モノづくりで得られる達成感

ものづくりのイベントに共通することですが、本当に皆さん嬉しそうに完成した作品を見せてくれるので、こちらまで嬉しくなります。

佐藤さんは、「ジュエリーバッグの楽しさ、奥深さを知って頂けたら嬉しいです。」と仰っていました。

ハンドメイドが好きな方、ジュエリーバッグに興味があるけど始めるきっかけが無い方、是非一緒にラメルヘンテープで小物を作ってみませんか?

次回のイベントは12月15日の開催を予定しています。

作る作品も、今回のバッグチャームよりさらに挑戦しやすいコースターとバッグタッセルをご用意しています。気になる方は、お気軽にお問い合わせください。

担当 山口