レポート詳細

【レポート】2018.08.18 ケーキ箱でお部屋を作ろう

インテリア好きを増やしたい

土曜日で人が賑わうエンクロスでCo-fu interiorの大﨑さん主催のイベント、「ケーキ箱でお部屋を作ろう」が開催されました。

主催者の大﨑さんは、延岡にインテリア好きを増やしたい、インテリアコーディネーターの資格を取る人を増やしたい、という思いから、エンクロスオープン当初から毎月、大人向けのインテリア講座のイベントを開催しています。

 今回は夏休み期間中ということもあり、お子さんにも住む空間に興味をもってもらい、将来のインテリアコーディネーターを見つけよう!という目的のもと、「ケーキ箱の中に自分だけのお部屋を作ろう」というイベントを開催しました。

インテリアコーディネーターさんが普段仕事で使っているクロスやカーテン生地、タイルなどを使い、理想のお部屋を作っていきます。今回は3組の親子のみなさんが参加してくださいました。

「子供の自由な発想って、大人にはないですよね。庭をつけたり天井を宇宙空間みたいにしたり・・・私たちが考えもつかないような夢のある部屋にしちゃうんです。毎回こっちが驚かされます。」と大﨑さんはおっしゃっていました。

今回はどんな部屋ができるのでしょうか?

 

自由な発想で

まずは床と壁紙選びからスタートです。実際の自分の部屋の配色と似ているものを選ぶ子もいれば、好きな柄を選ぶ子もいます。

一旦シンプルな壁紙を貼り付け、そこにクロスのデザインの三角形の模様だけ切り取って上から貼り付けたり…。子どもの発想はすごいですね!

 

 

 床と壁が完成したら、次は家具を置いたり、窓やドアをつけていきます。大崎さんはこの日のために、ベッドやテーブル、テレビのミニチュア、花瓶を作ってく下さっていました。テレビは本当に電源がついているかのような写真付きです。

好きな写真のものを選んで、台の上に置くのか、壁掛けにするのか、皆さん試行錯誤していました。

 

その他にも窓にカーテンをつけたり、花瓶を置いたり…。1つ1つ配置や色合いなどにこだわってお部屋を作っていきます。

ある程度、部屋の中が出来てきた子は、お部屋の外をお庭に見立てて芝生をひいたり、タイルを使ってお風呂場を作ったり、自由な発想はまだまだ止まりません。

 

 

紐、リボン、壁紙など、置いてある材料を駆使して時計やガーランドなど、様々な飾りものを作っていきます。

 

 

細かいところはお母さんにも協力してもらい、一緒に作っていきます。

 

自分の部屋、完成

みなさん、最後まで集中力を切らさずにお部屋作りを終えることが出来ました。

最後に完成したお部屋を並べて写真を撮り、こだわったポイントなどを発表し合いました。

 

 

完成した自分のお部屋を見ながら、「楽しかった」「おうちに帰ったら続きをもっと作りたい」と、嬉しそうにニコニコ話してくれました。

スタートはみんな同じ白いケーキ箱だったのに、お子さんの発想で、世界で一つだけの自分の夢のお部屋ができました。

今回参加してくれた3名のお子さんは全員、大﨑さんからジュニアコーディネーターに認定!

 

自分だけのこだわり

今回、皆さんが作ってくれたお部屋は一つ一つが個性的で、こだわりが感じられます。こうやって理想のお部屋を作ることで、インテリアに興味を持ち、実際のお部屋も自分だけのこだわりの空間に作っていけたら素敵ですね。

大﨑さんのインテリア講座は定期的に開催しております。過去にはガーランド作り、収納講座などを行いました。

内容は毎月変わりますので、HPやチラシをご確認の上、ご参加ください。お待ちしております。

担当:小滝