レポート詳細

【レポート】2018.10.28 親子で音楽遊び♪ ~絵本とお歌とリトミック~

 

親子で音楽遊び♪ ~絵本とお歌とリトミック~ 

渡部智恵美さんの「親子で音楽遊び♪ ~絵本とお歌とリトミック~ 」が開催されました。最年少は3カ月、最年長は3歳のお子様とママ、総勢8組の親子が参加してくださいました。

 

リトミックとは?

講師の渡辺さんいわく、「リトミック」とは、親子での触れ合いや一緒に参加しているお友達との触れ合いを通して、社会性・協調性などを身に付け、ピアノの音に合わせて活動することで、集中力・判断力・想像力・表現力など様々な能力を養うものだそうです。

活動では、お歌や絵本を挟みながら親子で楽しむ時間にしたいとのことでした。

 

 

 

 

親子で触れ合いタイム♪

最初は「きもちいいな~」と弾き語りで流れてくる音に合わせて、ママに抱っこされながら「ほっぺをすりすり」、「あたまをなでなで」、「おなかをこちょこちょ」と親子で触れ合いタイム。

初めて参加されたママさんたちも、自然と緊張がほぐれ、また大好きなママに抱っこされたお子様にも、嬉しそうな笑顔がこぼれていました。

 

音楽のシャワー♪

次は「よくきたね」の絵本に音楽をつけて、めくりながら「おいでおいで」と手招き。4歳になる渡部さんのお子さんは、この絵本で「おいでおいで」を覚えたそうです。絵本は繰り返し読んであげるのが良いそうで、それに音楽をつけることで気分を変えられて、変化がつくとおっしゃっていました。(「よくきたね」の絵本はエンクロスキッズスペースにございます)

それから自己紹介。「♪おへんじおへんじ、さあはじめましょう♪」と音楽にあわせて「せんせーい」おつぎは「○○○ちゃーん」、それに応えて「はーい」と恥ずかしそうに、でも元気よくそれぞれママと一緒にお返事していました。

 

 

 

輪になって

今度はみんなで輪になってピアノの速さにあわせて走ったり止まったり。止まるのは信号が「赤」といわれたら止まり、「青」になったら歩き出す、その繰り返しで子どものテンションはあがりっぱなし。

渡辺さんが「水分補給も忘れずに」と言われるほどに盛り上がりました。

 

 

 

英語の手遊び

今月のハロウィンにあわせて、渡部さんお手製のたまごの絵をつかっての英語の手遊び。

「♪ロンドン橋落ちた~♪」のうたを、「♪Can you make a happy face♪」と替え歌しながら、たまごの中からハロウィンのかぼちゃが、笑ったり泣いたり怒ったりといろんな表情で、出てきて、それに「sad face,angry face」と替え歌しました。

 

 

 

自転車でおでかけ

こどもの足を握って、自転車のペダルを漕ぐ感じで速さを変えて… 。これはベビーマッサージの効果もあるそうで、「便秘のお子様にもいいですよ~」とおっしゃっていました。

 

 

 

ピクニックリトミック

「♪なにがはいっているかな♪」と歌いながら、ウインナー、リンゴ、おにぎり、と言葉の数にあわせて2拍子、3拍子、4拍子と拍子を変え、お弁当には何が入っているのかあてるゲームをしました。このゲームで拍子の体験ができるそうです。

 

 

 

マッサージでクールダウン

子どもの足首を握って、「♪up up up up down♪」とうたいながら、音にあわせてママが顔を近づけたり、高い高いしている様子です。

 

 

 

大型絵本「はらぺこあおむし」の絵本で

「はらぺこあおむし」の大型絵本で読み歌い。こどもたちは絵本に近づいてさわったりめくったしながら、渡部さんの弾き語りで楽しんでいました。

 

 

絵本と歌とで音楽のシャワーを浴びて親子で触れ合いながら、たくさんの笑顔で楽しい時間を過ごすことができたようでした。

担当:髙森