レポート詳細

【レポート】2018.10.20 タイヨガ・ルーシーダットン

ルーシーダットンをご存知でしょうか?

タイ語で「仙人のストレッチ」と訳すことが出来ます。以前エンクロスでは「タイヨガ仙人のストレッチ」と銘打っておりましたが、タイのヨガ仙人が来ているのですか?と問い合わせがあり、急いでイベント名を変更しました(笑)。

 

 

 

仙人のストレッチとは?

その昔、タイには修行に励むルーシーと呼ばれる仙人がいたそうです。長い座禅や瞑想をする中で体の痛みや不調がありました。

その痛みや不調を改善し、身体を整えるためにストレッチをしたのだそうです。その中から効果があった300ものポーズが、現在まで受け継がれています。

本来はヨガマットを使って行うのですが、今回はヨガ講師久世さんにより、椅子に座ってできるものを厳選し、誰でも簡単にできるようアレンジしていただきました。

ヨガマットを用意する必要もなく、参加費もお手軽で、お時間も短いので気軽に参加していただきたいと思います。

 

 

 

自分とひとを比べない

通常ストレッチや体操は息を吐きながら行いますが、ルーシーダットンは逆です。息をおなかいっぱい吸い込み体を動かしにくい状態を作ります。

さらにそこへ動作を加える事で小さな動きでも大きな負荷をかけることができるのだそうです。

 

 

久世さんは呼吸法、動作は教えながら進められますが、ポーズが保てない事を注意されたりはしません。

一人ひとり、身体の状態や痛みは違うので、他の人と比べたり、無理をしたりしないで、自分が気持ちがいいと感じる所を意識して行ってほしいそうです。

参加者からは、「膝が痛い為にあぐらをかく事ができず、それが負担でヨガはできないと思っていたが、自分の体調に合わせ無理なくできるから良い」との声を頂きました。

 

40分間の体操とヨガが終わる頃には身体がじんわり温かくなり、汗をかかれる方もいます。これからは気温が下がり寒くなってきます。代謝を上げて冬を乗り切りたいですね。

 

 

 

分かっているのに家ではやらない

久世さん自身ヨガはいいことだと分かっているし、やり方だって人に教える程知っているのに「なかなか時間を作ってやろうってならないよね…」と漏らしていました。

エンクロスで予約しちゃったから行こう!と動くし、みんなでやるから頑張れるのかもしれません。以前、タイヨガ・ルーシーダットンは30分で開催してきましたが、参加者からの「ちょっと物足りない」との要望を受け10分延長しました。

せっかくやるからには、しっかりやりたいのが人間の心理なのでしょうか。

40分 300円で参加できます、初めての方も続けていきたい方もどうぞご予約をお待ちしております。

 

久世さんはご自宅で、マヤ歴アドバイザーをされる傍ら、ヨガ講師として延岡、日向で教室を担当されております。そしてエンクロスでも様々な活動をされています。久世さんがこっそり流行らせようとしている #延スタ映 を検索して繋がってみてください。

担当:飯干