レポート詳細

【レポート】読んで、伝える 読書会

ビブリオバトル

皆さんは「本を読みたいけど、何を読めばいいのかわからない…」ということはありませんか?また、ひとりで読書するだけではなく、読んだ本の感想を誰かと共有したいと思ったことはありませんか?

『読んで、伝える読書会』は、コーヒーや好きな飲み物を飲みながら、テーマに基づいた本を紹介したり、おすすめの本などについて交流する会です。

主催者の佐藤一輝さんは、延岡における読書好きを増やし、読書を通じて人々の交流を深めることを目標に日々活動されており、本に興味を持ってほしいとの思いでビブリオバトルも積極的に行い、学校等へ出向き読書の大切さの講演も行っています。その活動が評価され、ビブリオバトル普及委員会による「Bibliobattle of the Year(ビブリオバトル・オブ・ザ・イヤー)2018」の新人賞を受賞されました。

 

7月28日に2階中央大ラウンジで行われた今回のテーマは「旅行」。

今回の参加者は4名で、旅行に関する本をそれぞれ持ち寄りました。参加された皆さんはビブリオバトル形式で本の紹介をしていきます。

ビブリオバトルとは、5分間で本の紹介をし、その後2分間の質疑応答を行い、どの本が読みたくなったかを投票し、チャンプ本を決めるものです。

紹介時間は5分きっかり。

 

 

5分に満たないうちに紹介が終わってしまっても、5分間は紹介を続けなければなりません。また、本への熱い思いが溢れ、時間内では収まらない場合も5分経った時点で紹介は終了し、2分間の質疑応答へ移ります。

「ビブリオバトル」と聞くと、難しそうなイメージを持たれる方もおられるかもしれませんが、紹介する本は小説でもコミックでも写真集でもなんでもOK!

参加された皆さんは、それぞれ自分のおすすめ本を笑いあり、涙あり?で紹介していきます。

今回、ビブリオバトルに参加されたのは主催者の佐藤さんと2名の合計3名。

(テーマは『旅行』ですが、参加された皆さんは意外にも、「あまり旅行は行きません…。」とのこと!)

主人公が辿った道のりを実際に地図を持参して見せながら紹介したり、出版されたばかりの新刊を詳しくわかりやすく解説したり、「材質マニアとして大変興味深い一冊です」というひとことに笑いが起こったり、とそれぞれ独自の切り口で展開される本の紹介を皆さん興味深そうに聞いておられました。

 

 

大変興味深い一冊

質疑応答では、テーブルトークRPGの本に対して、「幼稚園児でもできるテーブルトークRPGはあるか?」、日本の街並みの本に対して、「宮崎県の街並みは紹介されているか?また、なぜ材質マニアになったのか?」など疑問に思った点や興味があった部分の話などを聞き、なるほどと頷く様子が多く見られました。

全員の本の紹介が終わったところで、チャンプ本の投票です。

「いっせーので!」で自分が読みたい本を指さします。

 

 

「どれも気になって1冊を決めるのが難しい!」という嬉しい悲鳴も聞かれました。今回は『ソード・ワールド2.5 ルールブックⅠ』(北沢慶/グループSNE著 KADOKAWA ドラゴンブック)が3票を集め、チャンプ本となりました。チャンプ本に選ばれた『ソード・ワールド2.5 ルールブックⅠ』に敬意を表して、全員で拍手します。

ビブリオバトルは「誰が紹介したか」ではなく、「どの本が読みたくなったか」を決めるものです。

今回は紹介されたすべての本に票が入りましたが、自分の紹介した本に票が入らなくても恥ずかしく思う必要はありません。

チャンプ本が決まった後は、それぞれ今回紹介された本について全員で雑談しながら、今日の感想やビブリオバトルで紹介しきれなかった本などについて語り合います。

本の話題だけにとどまらず、テーブルトークRPGの話や、どこへ旅行へ行ったことがあるかや、旅行へ行くならひとりがいいか、グループがいいか…などざっくばらんに話をして、参加者同士の交流も深めていきます。

今回はなんとアラスカでヒッチハイクをしたことがあるという方が参加者の中におられ、アラスカの旅のお話を中心に、ニュージーランドにおける食の話から昆虫食の話(!)まで、とても盛り上がりました。

 

 

新しい本への世界が開ける

話はいろいろ尽きませんが、終了時刻が近づいてきたところで、次回8月のテーマが『魅力的なキャラクター』と発表され、今回は終了です。

次に紹介する本がすぐに浮かぶ方、どれにしようか思案する方…さまざまな思いを持ちながらみなさん帰途に着かれました。

「本の紹介をするなんて難しい!」と思われる方もいるかもしれませんが、まずは見学からでも結構ですので、ぜひお越しください。思っていた以上にざっくばらんな雰囲気を感じていただけると思います。

まだビブリオバトルを経験されたことがない方でも大歓迎です!気軽な気持ちで参加してみてください。新しい本への世界が開けることと思います。

 

【今回紹介された本】

『ソード・ワールド2.5 ルールブックⅠ』

(北沢慶/グループSNE著 KADOKAWA ドラゴンブック)

『ひとめあなたに…』

 (新井素子著 双葉社 フタバノベルス)

『歴史文化遺産 日本の町並み 上巻』

 (苅谷勇雅・西村幸夫編 山川出版社)

2018.7.28(土)17:00~19:00開催

担当:鈴木