レポート詳細

【レポート】手芸カフェ 手芸好きな人のゆる~い集まり

2018.7.20 (金) 13:30~15:00

各所で終業式を迎えている本日。エンクロス二階の中央大ラウンジでは、手芸とおしゃべりを楽しむ人々の姿が見られました。

 

本活動は過去に制作した自慢の作品を皆に紹介したり、制作途中のものを持ち寄って、おしゃべりしながら続きを作る、というゆる~い活動ながら、今回で4回目の開催です。

 

同じ趣味で繋がりたい

主催は、手芸好きな人たちが集まってできたサークル『手芸ノマド』。自分たちと同じように手芸が好きだけど、一人で活動をされていたり、情報交換をする場がなくて困っているというような方を見つけて、新しく繋がりたいという思いから、エンクロスにて活動を始められました。

活動にあたっては、『手芸ノマド』のメンバーがサポートするかたちをとり、手芸好きな人に参加してもらいたいと考え、企画されていらっしゃいます。そのため、初めての方も安心して参加できるイベントとなっています。

 

 

リピーターとなった参加者はもちろん、今回初めて参加される方もいらっしゃいましたが、同じ趣味の持つ人たちだからなのか、開始直後からすでに和やかな雰囲気が漂っています。お互いに持ち寄った作品にも、興味津々な様子です。

また、手芸が好きな方ならどなたでも大歓迎!というオープンな環境なので、活動を偶然目撃された来館者の方が「見学してもいいですか?」と飛び入りで加わる場面もあるなど、終始賑やかな時間となりました。

 

 

それぞれの作品紹介

今回参加された方々は、簡単な顔合わせの後、自分がどんな制作活動をしているのかを順番に紹介してくれました。

人気のニードルフェルトづくりや、革を使った大人の作品づくりをはじめ、毛糸でかわいい動物ポンポンを作っていたり、タティングレースというとても珍しいレース編みをしていたり…。図らずも、実に多様な手芸のジャンルの人たちが集まったことに驚きが隠せません。

実際の作品も見せながらなので、

参加者の皆さんは「動物ポンポンってこうなってるんだね!」「え~っ、タティングレース!?すごいね。私も前にちょっとだけやってみたけど難しかったよ」と、テンション高めの反応を返しては盛り上がっていました。

 

 

一通り紹介が終わった後、気づけばだれからともなく手芸を始めました。それでも和やかにおしゃべりは続けたまま、狂いなく手元を動かしているのは「さすが」の一言です。

参加者の皆さんはお互いに作っているものを見て、「それってどうやってるの?」「この部分はどれくらい時間かかってるの?」「これは作るのが難しかったんじゃない?」など、制作秘話(?)を聞いたり話したりしながら、思い思いに制作しています。

自分が作っているものについて、いろいろ尋ねられるのは、なんだかうれしいことですよね。皆さんの説明にも、ついつい力が入っているのが分かります。

また、自分が作ったことのないジャンルへの興味も尽きません。目の前に知っている方がいるわけですから、何かと質問できるこの機会を逃すのはもったいないですよね。

 

 

雑談もゆる~く進みます

皆さんのおしゃべりは、手元の作品に関することだけにとどまりませんでした。「あの手芸用品店ならいろいろ売ってるよ」というお役立ち情報のほか、延岡市内で開催しているワークショップ、個人で開いているお店などの耳寄りな情報が次々に飛び交います。

県外から引っ越してきたばかりで、延岡のことをよく知らないという参加者の方がいらっしゃいましたが、皆、丁寧に教えてあげていました。

そのうち、おいしい料理のお店や、評判のいいスーパーの話など、雑談にも花が咲くように…。う~ん、ゆる~い感じ、出てますね。

 

その後も話は尽きず、あっという間に時間が過ぎていったのが、とても印象的でした。本当に手芸が好きな人たちが集まり、好きなことを一緒に楽しんでいるんだな、ということが見ているこちらにもよく伝わってきました。

まさに、手芸を通して新しい繋がりができたと感じられた瞬間です。皆さん名残惜しむように、次回の日程を確認されてからの解散となりました。

 

手芸好きで、同じような方と交流を持ちたいとお考えの方はいませんか?

素敵な手芸仲間を増やすチャンスです。ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

担当:橋本